Shopping Cart
Your Cart is Empty
Quantity:
Subtotal
Taxes
Shipping
Total
There was an error with PayPalClick here to try again
CelebrateThank you for your business!You should be receiving an order confirmation from Paypal shortly.Exit Shopping Cart

心理カウンセリング

Heartful Counseling Joy ~もっと素敵な自分に会える~

Hitorigoto

Blog

グリーフワーク

Posted on January 24, 2018 at 9:24 PM Comments comments (0)
【グリーフワーク】

グリーフ(grief)は、深い悲しみのことです。

そして、グリーフ(grief)ワーク(work)とは、一般的には、身近な人、大切な人との死別を体験して、悲嘆に暮れた状態から、それを抱えながらも、日々を大切に生きてゆこうとするまでの、心のプロセスのことをいいます。


そして、私たちの日常でのグリーフとは、大切な人を失うだけではなく、さまざまな別れや喪失を体験します。そこには、出会いや感謝などもあったり、さまざまなことを繰り返しながら生きてゆきます。

喪失には、そこにあったもの、そこにいた人や存在が・・なくなってしまうだけでなく、望んだのに、努力したのに・・得られなかった、喪失体験もあります。

それらの 悲しみは、無理に抑えつけると、根深い怒りとなったり、うつ状態を招いて、私たちに生きづらさをもたらすことがあります。 

喪失を受けとめ、悲しみを言葉にしてみませんか? 
別れは、新しい出会いの始まりでもあるのです。



来る3月3日4日、神戸で

講師は水澤都加佐先生です。

もしかしたら、
水澤先生をお招きするのは今回が最後になるかもしれません。

ぜひ、関西での、この機会をご活用下さい。
必要な方に届き、ご活用頂けることを願っています。


・・・・・・・・・・・・・・・・
Heartful Counseling Joy
〜もっと素敵な自分に会える〜
代表 臨床心理士 渋谷祥代

最後まで目を通して頂き、ありがとうございます。
・・・・・・・・・・・・・・・・

気づきのワークショップ

Posted on July 19, 2017 at 9:44 PM Comments comments (0)
百武正嗣氏ワークショップ百武正嗣氏によります 

2Daysワークショップ
気づきの
ワークショップ

〜ゲシュタルトセラピー〜

      昨年のワークショップの模様

日程;2017年10月21日(土)22日(日)
時間;1日目(土曜) 10:00〜17:00
   2日目(日曜)  9:30〜16:30
会場;神戸市産業振興センター
定員;30名(お申し込み完了順)
 

ゲシュタルトとは?
 
「ゲシュタルト」とはドイツ語で「全体・まとまり・統合」を意味します。私たちは、日々の生活の中で色々な物を個別に認識するだけでなく、『意味のある一つのまとまった全体像(ゲシュタルト)』として認識します。
 
どんな療法?
 
現在の『未解決な問題』を手放し、今ここや将来におけるあらゆる問題に対応できる自分になるために、現時点での自分の体験(気づき)とゆっくりと丁寧に向き合って行きます。『気づき』を大切にすることで、自分らしさや問題の解決を図る、精神分析医フレデリック・パールズによって創られた心理療法です。


講師・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

日本ゲシュタルト療法学会理事
スーパーバイザー

カリフォルニア州立大学大学院心理学部卒。
ゲシュタルト、フェルデンクライス・メソッド、ヨーガ、心理学を取り入れた「気づきのセミナー」を国内外で開催。

《著書》

  • 『ライオンのひなたぼっこ』 ビーイングサポートマナー
  • 『エンプティ・チェアテクニック入門』 川島書店 
  • 『気づきのセラピー―はじめてのゲシュタルト療法 』 春秋社
  • 『家族連鎖のセラピー ~ゲシュタルト療法からの視点~ 』 春秋社 

ファシリテーターからのメッセージ

人は感情を獲得したことで記憶力が飛躍的に伸びたのです。
この「感情と身体と脳」の三つの機能が統合した時に生まれるのが
気づきであり、洞察であるのです。
そして、人だけが気づいていることを知ることができる存在なのです。

GNJホームページより抜粋http://www.gestaltnet.jp/facilitator/facilitator.html


お申し込みについて・・・・・・・・・・・・

【参加費】

参加費用;お一人 23100円(二日間) 
     事前割引価格 お一人 21000円(二日間)
     ※9月24日までにすべてのお手続きを完了された方
【会場】

神戸市産業振興センター
〒650-0044 兵庫県神戸市中央区東川崎町1丁目8−4
(神戸ハーバーランド内)http://www.kobe-ipc.or.jp/access/

【確認事項】
 
1 本ワークショップは、参加者が自ら問題を解決したり、更なる心理的成長を行ってゆく為の『援助』が目的であり、治療を目的としたものではありません。

2 現在、精神科・心療内科などに通院されていらっしゃる方、また関連する治療が進行中の方は、ご担当の医師や先生と十分ご相談の上、必ず許可を得てご参加下さい。

【お申し込み方法】

☑ステップ1;お申し込みを受け付けます   
    
ホームページのお申し込みフォーム から
またはメールにてお申し込み下さい。      

メールアドレス mail@therapy-hcj.com(PC)                    therapy-hcj@i.softbank.jp (携帯)

 ☑ステップ2;参加費をご入金ください    

お申し込みのご連絡を頂きましたら
当方よりステップ2の詳細を御連絡させて頂きます。

※ご入金をもって御席の確保・申し込みの完了とさせて頂きます(先着順) 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

《キャンセルについて》 
 
何らかのご都合で参加出来ない場合には必ず、2017年9月30までにご連絡ください。ご返金に伴う手数料を差し引いてご返金いたします。それ以降のご返金はいかなる場合も致しかねますので、代理の方のご出席をお願い致します。
 
《キャンセル待ち》 
 
定員になり次第受付を終了致しますが、残席が出た場合のみ10月1日以降にご連絡致します(先着順)。


※1日のみのご参加(11550円/1日間)も受け付けておりますが、2日間連続のご参加の方を優先させて頂きます。


何かご不明な点があれば、遠慮なくお問い合わせ下さい。



最後迄目を通して頂き、有り難うございました。
どうぞよろしくお願い致します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【主催】


Heartful Counseling Joy 
~もっと素敵な自分に会える~
http://www.therapy-hcj.com/

代表 臨床心理士  渋谷祥代
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

気づきのワークショップ

Posted on July 19, 2017 at 3:46 AM Comments comments (0)
【気づきのワークショップ】

ゲシュタルト療法ワークショップ7月15日16日17日と
千葉県にある江戸川大学にて
日本ゲシュタルト療法学会
合同大会がありました。

招聘講師には再決断療法や交流分析療法において
第一線でご活躍される先生方がいらしていました。

ヴァン・ジョインズ博士
繁田千恵先生
門本泉先生


ゲシュタルト療法と交流分析療法
2つの出会いで生まれた再決断療法
3つの心理療法とわたしたちの『出会い』の場となりました。

日本ゲシュタルト療法学会は
立ち上げ当初から携わっていますが
毎年、新たな参加者の方々
スタッフのメンバーも加わり

更なる貢献の場を目指し成長しています。

今回の3つの心理療法には
共通するエッセンスがあり
それぞれの療法において
最も重要なものとも言えるかもしれません。

『気づき』です。

私たちの『気づく』力は
自己実現力の源であり
自然治癒力の源でもあります。

私たちは『気づく』からこそ
必要なものを得るために行動を起こし
必要なものを得ることが出来
自分自身を満たすことが出来ます。

しかし

その『気づき』が
本来の機能を果たせなくなっていたら
一体どうなるでしょう。

喉が渇いても我慢すべきだと思っていたら
例え、水を欲していることに『気づいた』としても
身体の声より、我慢することを選ぶかもしれません。

泣くのは恥ずかしいことだと思っていたら
例え、悲しいことがあって、涙がこぼれそうな自分に『気づいて』も
こころの声より、我慢することを選ぶかもしれません。

今の生きづらさは「あの人」のせいだとずっと思い続けていたら
例え、目の前に幸せになる機会が訪れていても
目の前の『今ここ』の幸せに『気づく』より
過去や「あの人」のことを責め続けることを選んでいるかもしれません。

『今ここ』の『気づき』

皆さんはいかがですか?

2017年の秋
10月21日22日の二日間、神戸にて
『気づきのワークショップ』を開催予定です。

この機会にぜひ

ここで言う『気づき』とは何のことを言っているのか?
自分の『気づきの力』はどのなっているか?
ゲシュタルト療法って何?     などなど・・

確認しにいらしてみませんか?

講師は日本ゲシュタルト療法学会
ゲシュタルト・ネットワーク・ジャパンから
百武正嗣氏をお招きします。

定員は先着順30名で
2017年9月24日まで
すべてのお手続きを完了して頂ける方は
事前の割引価格でご参加頂けます。

既にお申し込みの受付を開始しております。
詳細はこちらをご参照下さり
当ホームページのお申し込みフォーム
もしくは、メールにて御連絡下さい。

お待ちしております!


◉お申し込み先 こちらをクリック☝
◉お問い合わせ先 こちらをクリック☝
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
お問い合わせ&お申し込み先

ホームページ http://www.therapy-hcj.com
メールアドレス [email protected]
                               [email protected]
主催 Heartful Counseling Joy
            代表 臨床心理士 渋谷祥代(しぶやさちよ)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

代理ミュンヒハウゼン症候群

Posted on March 8, 2017 at 10:39 PM Comments comments (0)
【代理ミュンヒハウゼン症候群】

昨日、大阪高槻市で、一歳8ヶ月の女の子がインシュリンを投与され病院に運ばれ、更に、また病院でインシュリンを投与され治療を受けるというニュースが報道されました。

一部の報道によると、それは母親からの投与であると報道され『代理ミュンヒハウゼン症候群』が紹介されていました。

ミュンヒハウゼン症候群(Münchausen syndrome)とは、DSM-5(精神疾患の分類と診断の手引き)では、『身体症状症および関連症群』に分類され、『作為症/虚偽性障害』と診断される精神疾患の一種です。

『ミュンヒハウゼン』は、『ほら吹き男爵』の異名を持ったドイツ人貴族のミュンヒハウゼン男爵にちなんで命名されたと言われています。

症例としては、周囲の関心や同情を引くために自らが病気を装ったり、自らの体を傷付けたりするといった行動が見られます。

この疾患には、虚偽の病気や障害を起こす対象が患者本人であるミュンヒハウゼン症候群と、近親者(子供や配偶者、ペット)を病気に仕立て上げる『代理ミュンヒハウゼン症候群』の2種類があります。

日本においては、厚生労働省が一般小児科医にむけた研修のテキストの中でも、子どもの症状に、親の『代理ミュンヒハウゼン症候群』が関連している可能性を指摘し、注意を呼びかけています。

この『相手の同情や気を引くため』に、手術や入院を要する病気やケガをつくり出し、繰り返す行為は、その目的が果たされるためなら『積極的に』なされることが報告されています。

背景には、幼少期の病気やケガをしたときの経験があると言われていますが、そのまた背景には『自尊心』の課題があるとも考えられます。

すなわち、『自分は、そのままで相手の関心を得る存在だ』『自らの存在(身体)は大事だ』という自尊心があれば、わざわざ、病気やケガを『自ら』や『自らの近親者』につくり出す必要はないのでは、という考え方です。

『自尊心』の問題は、ミュンヒハウゼン症候群やパーソナリティ障害の様な精神疾患と診断されるものだけではなく、『共依存症』という人間関係や『アダルトチャイルド』という個人の傾向にも関わっています。

さらに言えば、疾患や傾向に関わらず、『自尊心』は私たち人間の生活の中でも切り離せないものです。

『わたしは価値がある人間なのか』
『わたしは他からどう見られているのだろうか』
『わたしは愛するに値する人間なのか』

そのこたえを探して『生きる』生き方もあるでしょう。

けれども、それが行き過ぎると、『わたし』という存在の証明のために、自分を傷つけ、相手を傷つけ、大切なものを失い、そして、それを繰り返してしまう・・生き方が危懼されます。

もちろん、病気と診断されるほどの行動の背景には、まだまだ、その要因が解明されていない可能性もあり、個人の問題ではなく、何らかの身体的要因がある可能性も否めません。従って、まずは医療のケアが重要になり、その進歩が期待されます。

当カウンセリングルームでは、精神疾患と診断される状態の援助には限界がありますが、予防的に、日々の生活の中でのさまざまな『生きづらさ』をサポート出来たらと活動や研鑽を重ねています。

今週末にも、まさに『自尊心の問題』が背景にある『共依存』のワークショップを開催します。講師は、その道の第一人者の水澤都加佐先生をお招きしています。

『自尊心』

・・・それほど、自分にとらわれず、自然に生きてゆけたら私たちはもっと楽に生きてゆけるのでしょうか・・・。ブッタが目覚めた様に、私たちも、日々の生活の中で、『目覚める』ことができるのでしょうか・・・。

週末のワークショップ(土・日)は、共依存、依存、人間関係の境界線、そして、その回復に向けて出来ることをテキストを交えながらエクササイズしてゆきます。後、数名ずつご参加頂けます。ぜひ、この機会を、必要だと感じる方にご活用頂ければ幸いです。また、ご紹介頂ける方が要らしたら、ご紹介頂けると有り難いです。よろしくお願い致します。


最後まで目を通して頂き、有り難うございました。



《参考文献》
・DSM-5精神疾患の分類と診断の手引き 医学書院
・厚生労働省PDF;一般小児科医のための子どもの心の診療テキスト
         http://www.mhlw.go.jp/bunya/kodomo/pdf/kokoro-shinryoui01.pdf

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

講師:アスク・ヒューマン・ケアセンター講師
Healing & Recovery Institute 所長 水澤都加佐先生

2017年3月11日12日(土日)
定員30名(先着順)
開催地:神戸

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

境界とは・・・

Posted on February 9, 2017 at 8:42 PM Comments comments (0)

【境界とは?】

「境界(きょうかい、きょうがい、けいかい)とは
事物や領域などを分ける境目のこと」を示すといわれています。
※参照;https://ja.wikipedia.org/wiki/境界より

私たちの生活の中には
常に「境界」があります。

私たちの身体の細胞一つ一つにも
「細胞膜」という境界が存在している様に・・。


肌という
外の世界と分ける「境界」

地域という
各コミュニティを分ける「境界」

国境という
各国々を分ける「境界」

様々な「境界」が存在しています。


そして、目には見えない「境界」もあります。

別の感情・別の人生・別の価値観・別の選択・・
「わたし」と「あなた」の間の「境界」です。

「わたし」と「あなた」は
どんなに親しくても一体ではありません。

むしろ

「わたし」が私自身であり
「あなた」があなた自身であることで

本当の親密さは生まれます。


そして

その「境界」は堅固な壁ではありません。
柔軟で融通性のあるものです。


皆さんにとっての「境界」はいかがでしょうか?

もし・・・

“ 自分は背負いすぎてしまう ”
“ 人の反応を気にしすぎてします ”
“ 頼まれごとにNOと言えない ”
“ いつも、孤立することが多い ”
“ 助けが必要なときでも、助けが求められない ”
“ 寂しいけれど、どうやって人と接していいか分からない ”


などで悩んでいることがあれば
「境界」について信頼出来る誰かと
“ 安全な場 ”で話し合ってみてもいいかもしれません。


当方でもその機会があります。
3月11日12日(神戸)に「境界線」について
気づきを深めるワークショップを開催します。


講師は人間関係の「境界線」について
心理臨床の現場で長年取り組まれてきた
水澤都加佐先生です。


ぜひ、この機会をご活用下さい。
ご参加をお待ちしております。


◉詳細は下記リンク先をご参照下さい。

☝HCJのご案内ページ ←クリックして下さい
☝水澤都加佐先生のご案内ページ ←クリックして下さい

※お申し込みお問い合わせは、水澤先生へではなく、
当方(Heartful Counseling Joy)までお願いします。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◉お申し込みお問い合わせはこちらから


最後迄目を通して頂き、有り難うございました。
どうぞよろしくお願い致します。

【主催】・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Heartful Counseling Joy 
~もっと素敵な自分に会える~
http://www.therapy-hcj.com/
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『平安の祈り』

Posted on February 8, 2017 at 8:16 PM Comments comments (0)
【平安の祈り】

AA(Alcoholics Anonymous;依存症の自助グループ)で
よく唱えられている言葉があります。

『変えられないものを受け入れる落ち着きを
変えられるものは変えてゆく勇気を
そして2つのモノをみわける賢さを』

この祈りは、依存症の回復のステップ
(12ステップ:Twelve-Step program)で採用されているものです。

心理学でもよく『過去と他人は変えられない』といいます。

「では、変えられるものは何でしょうか?」

当カウンセリングルームでも
そのことについて
自分自身を見つめ、グループで取りくむ機会をもうけています。

ひとりで難しいことも
守秘義務に守られた安全な場では
取り組みやすいかもしれません。

ぜひ、この機会をご活用下さい。
ご参加をお待ちしております。

※何らかの医療のケアをうけていらっしゃる方は、必ず、担当の先生にご相談の上、必ず許可を頂いてからご参加頂いております。

◉詳細は下記リンク先をご参照下さい。

☝HCJのご案内ページ ←クリックして下さい
☝水澤都加佐先生のご案内ページ ←クリックして下さい

※お申し込みお問い合わせは、水澤先生へではなく、
当方(Heartful Counseling Joy)までお願いします。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
▶お申し込みお問い合わせはこちらから◀︎





最後迄目を通して頂き、有り難うございました。
どうぞよろしくお願い致します。

【主催】・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Heartful Counseling Joy 
~もっと素敵な自分に会える~
http://www.therapy-hcj.com/
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

共依存からの回復〜愛のもつれをほぐす〜

Posted on November 27, 2016 at 2:52 AM Comments comments (0)
水澤都加佐先生によります 

2Daysワークショップ
共依存からの回復
〜愛のもつれをほぐす〜

日程;2017年3月11日(土)12日(日)
時間;9:30〜16:30(両日とも)
定員;30名(お申し込み完了順)
 

『共依存』は、自分が傷つきながらも、人のために尽くし続けてしまう行動パターンをもつ状態をさします。

その結果、健康的な人間関係の上でもうけるべき『境界線』が不明瞭になってしまいます。

ではなぜ、自分が傷ついてまでも,そう なってしまうのでしょう。
その背景にあるのは一体なんなのでしょうか? 

本ワークショップで紐解いていきます。


参考:「あなたのためなら死んでもいいわ」春秋社 水澤都加佐著より
・・・・・・・・・・・・・・・・




講師から皆様へのメッセージ
・・・・・・・・・・・・・・・・
「共依存という言葉は、この言葉を使う方が10人いれば、10通りの意味がある様な曖昧な言葉です。しかし、その本来の意味を理解すると、依存症や家族関係、漠然とした生きにくさの背景にある問題を解くカギになる、とても重要な概念です。

ご一緒に、この言葉の意味を理解し、自分の中の真の課題に気づき、easyな人生を生きましょう。お目にかかれるのを、こころから楽しみにしています。」
・・・・・・・・・・・・・・・・ 
ワークショップのポイント


  • 共依存とは?語源は?定義は?
  • なぜ、共依存に?
  • すべての依存症のベースになる共依存
  • 共依存をベースに引き起こされること
  • 共依存からの回復に必要なこと  など


※当日の状況やご希望により内容が変更になる場合がございます。

【講師】・・・・・・・・・・・・・・・・・・


カリフォルニア州べティ・フォード・センター、メサ・ビスタ・ホスピタル、アリゾナ州のメド-ズ、シエラ・テューソンなどで、集団療法、認知行動療法、ナラティブセラピー、インタベンション、グリーフ・ワークなどトレーニングを受ける。

神奈川県立精神医療センターせりがや病院心理相談科長を経て、アスク・ヒューマン・ケア研修相談センター所長
Healing & Recovery Institute 所長 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【参加費】

参加費用;お1人 23100円(二日間) 

【会場】

神戸市産業振興センター
神戸市中央区東川崎町1丁目8番4号 (神戸ハーバーランド内)
《参照》http://www.kobe-ipc.or.jp/access/


【確認事項】
 
1 本ワークショップは、参加者が自ら問題を解決したり、更なる心理的成長を行ってゆく為の『援助』が目的であり、治療を目的としたものではありません。

2 現在、精神科・心療内科などに通院されていらっしゃる方、また関連する治療が進行中の方は、ご担当の医師や先生と十分ご相談の上、必ず許可を得てご参加下さい。


【お申し込み方法】・・・・・・・・・・・・・・・


☑ステップ1;お申し込みを受け付けます   
    
ホームページのお申し込みフォーム http:.//www.therapy-hcj.com/から、またはメール、FAXにてお申し込み下さい。      

メールアドレス [email protected](PC)                    [email protected] (携帯) 
FAX 078-842-9278(午前8時~10時と午後19時~21時のみ)     


 ☑ステップ2;参加費をご入金ください    

ご入金をもって御席の確保・申し込みの完了とさせて頂きます。
(先着順)  
※お申し込みのご連絡だけでは、お席の確保にはなりません。

▶お振込み口座 : 三菱東京UFJ銀行 原宿支店 普通口座    
▶口座番号 : 3872010 
※ お振込み手数料は、お客様ご負担となりますのでご了承下さい。  
▶口座名義 : 渋谷祥代(シブヤ サチヨ)
※ “お振込の明細”が領収書代わりになります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

《キャンセルについて》 
 
何らかのご都合で参加出来ない場合には必ず、2017年2月19までにご連絡ください。ご返金に伴う手数料を差し引いてご返金いたします。それ以降のご返金はいかなる場合も致しかねますので、代理の方のご出席をお願い致します。
 
《キャンセル待ち》 
 
定員になり次第受付を終了致しますが、残席が出た場合のみ2月20日以降にご連絡致します(先着順)。


※1日のみのご参加(11550円/1日間)も受け付けておりますが、2日間連続のご参加の方を優先させて頂きます。

必要と感じる一人でも多くの方にご参加頂けたらと願っております。
何かご不明な点があれば、遠慮なくお問い合わせ下さい。




最後迄目を通して頂き、有り難うございました。
どうぞよろしくお願い致します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
         【主催】
Heartful Counseling Joy 
~もっと素敵な自分に会える~
http://www.therapy-hcj.com/

代表 渋谷祥代
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

実存主義〜Existentialism~

Posted on August 27, 2016 at 10:54 PM Comments comments (0)
【実存主義】

百武正嗣 l'existence précède l'essence 
〜実存は本質に先立つ〜

フランスの哲学者ジャン=ポール・サルトル(Jean-Paul Charles Aymard Sartre)が講演の際に発した言葉だと言われています。

この言葉は当時の宗教的な信念を
真っ向から否定する考え方だったそうです。

つまり、私たちの存在には創造主の神の存在が前提であった「本質は実存に先立つ」という考え方から、サルトルは、人間は自分の本質を自ら創りあげる(実存は本質に先立つ)ことが出来ると考えました。

自分の本質を自ら創りあげることができるということは、言い換えれば、「自分がどのようにありたいのか」を選択し、行動する「自由」を持っていることになります。

ここで言う「自由」とは、自らが思い行った行動のすべてにおいて、自分自身に全責任が跳ね返ってくることを同時に覚悟するものとなります。

そこでサルトルは「人間は自由という刑に処せられている」とも発しています。

ゲシュタルト療法はこの考え方をベースにしています。

「自ら選択する自由」

皆さんは使えていますか?
皆さんは使っていますか?

その自由を私たちは「使うこと」も「使わないこと」も選択することが出来ます。そして、その結果の責任を負うことにもなります。

この様な「すべてが自分の選択によるものだという厳しさをあえて体験しなくてもいいではないか・・・」という考え方もあるかもしれません。

皆さんはどうでしょうか?

ゲシュタルト療法のセラピストPaula Bottome(1992)は「今に生きる~
LIVE NOW~」という著書の中で、自らの選択の自由と責任について気づくことは、「・・・たとえ一瞬でも気づきを持てば、それまでの気づきの無い人の想像を遥かに越えるエネルギーと興奮が “今” という瞬間の中に流れ込み、それを豊かで感動的なものにする・・」と述べています。

このような体験の一歩の一助をご一緒しませんか?

2016年10月22日23日の二日間、
気づきのワークショップを神戸で開催致します。

皆さんのご参加をお待ちしております。


最後迄、目を通して頂き、有り難うございます。


参考: LIVE NOW 今に生きる ポーラボトム著俵里英子監修 チーム医療
Wikipedia2016年8月28日 https://ja.wikipedia.org/wiki/実存主義
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

内容 2Days ゲシュタルト療法ワークショップ

日程 2016年10月22日・23日(土日)

時間 9:30〜16:30(両日)

講師 百武正嗣氏

場所 神戸市産業振興センター(最寄りの駅:JR神戸駅)

費用 21000円(2日間:早割;8月末日まで)
   23100円(2日間:9月1日振込分から)
   ※一日だけの参加枠もございます。ご相談下さい。
   ※お申し込みは、参加費のお振り込みをもって完了となります。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
お問い合わせ&お申し込み先(主催)

Heartful Counseling Joy
http://www.therapy-hcj.com/

☝お問い合わせ ☝お申し込み (←クリックするとフォームにいきます)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Story〜ストーリー

Posted on May 26, 2016 at 1:42 AM Comments comments (0)
【息づいているストーリー】


私たちの人生には

知らず知らずに息づいている

自分だけのストーリーがあると言われています。


精神分析を学び

後に交流分析を提唱した

エリックバーンは

それを人生脚本と呼びました。


このストーリーが息づいていると

私たちは気づかぬ内に

そのストーリーにそって生きることがあると言われています。


例えば

小さい頃から

“自分の存在はあまり周りにとって重要じゃないんだ”と感じ

それをもとに

自分のストーリーを創ると


「自分は重要じゃないんだ」

といった事を確かめる様な生き方や

自分から「重要じゃない」立場をとってしまい

結果、「そのストーリーは正しいものなんだ」

という無意識的な信条を強化してゆきます。


そして、そのストーリーは

大人になってからの体験にも影響します。


恋愛や仕事など、ある体験から

自分のストーリーに手を入れてゆくのです。


例えば


とても好きになった相手に好きだと伝えられず

会えなくなってしまった経験や


絶対続けようと思っていた仕事を

止めざるを得ない状況になってしまうと


その想いの強さに比例して

自分のストーリーの筋書きを加えてゆきます。


ここでは


「あの人以上の人は現れない」

「ここぞと言う時に、何も出来ない」

「社会性が無い」

「自分には、何一つ続けられない」など


その思いがストーリーに落とし込まれてゆきます。

すると、その後の人生はどんな風に進んでゆくでしょう・・・。


私は、そのストーリーを一概に悪いとは思いません。

どんなストーリーであれ、その人のストーリーです。


ただ、それを選択したことの影響や

責任や自覚は、時に必要になると思います。


世界でいちばん貧しい大統領と呼ばれた

南米ウルグアイの前大統領、ホセ・ムヒカ氏は


「人間は孤独で入られない社会的な生き物で、時と共にエゴイストになる」と述べています。

その可能性は常にはらんでいるのだと思います。


現に、私たちは一人では生きていけません。

だからこそ自分のストーリーは

自分だけでなく、自分の周りの人やものに影響を与えてゆくものです。


そんな人生の流れの中で

時に立ち止まり

一人で、友人と、恋人と、家族と、大切な存在と


「自分の人生のストーリーはどうなのだろうか?」


考えてみてもいいかもしれません。



その機会の一助にもなる

ワークショップを神戸で開催予定です。


定員は10名程の小さなグループワークです。

興味のある方はこの機会をご活用頂ければと願っています。


ワークショップの詳細はこちらからお願いします。

それでは、最後迄目を通して頂き有り難うございました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【HCJからのご案内】

7月9日 1DAY リプロセス・リトリートワークショップ
7月10日 1 DAY はじめてのゲシュタルト療法ワークショップ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Heartful Counseling Joy
http://www.therapy-hcj.com/

ミンデル夫妻のプロセスワークを体験して

Posted on May 7, 2016 at 3:01 AM Comments comments (0)
【葛藤解決と平和の為のプロセスワークを受けて】


ゴールデンウィークの3日4日と
東京・浅草にて
アーノルド&エイミー・ミンデル夫妻の
葛藤解決と平和の為のプロセスワークを受けてきました。


私個人にとって
ここ10年の統合の体験となりました。
その体験を私なりの言葉でまとめてみたいと思います。


ワークの中では
私たちの葛藤や世界的な葛藤を


Consensus Reality(コンセンサス・リアリティー)
合意上の現実:現実の世界・社会性が発揮され、防衛なども働いているところ。

Dream-Land(ドリームランド)
夢の世界:夢・空想、白昼夢をみる状態。自分の中にある両極(葛藤)の対話が可能となるレベル。

Essence(エッセンス)
容易に言葉にしにくい状態。
時空なども越える、感謝や愛、絆、普遍性、叡智、無、自然、宇宙などを感じ・繋がるレベル。

という三つのプロセスで
頭だけでなく身体で感じる体験が鏤められていました。


私の簡単な言葉で表現すると
ある葛藤に対して

CR;① 気づき
DR;② それを十分に経験し
E;③ 自分自身の身体の声や場からなどのインスピレーションを得る

と言った印象です。


ドリームランドの段階では
ゲシュタルト療法のエンプティ・チェアーやシャトル技法を
意識レベルとさらに深い感覚レベルで体験することをすすめ


エッセンスの段階では
ヒプノセラピーなどで良く言われるところの
変性意識状態で高次の次元からのメッセージをもらうイメージです。


特に面白かったのは


ミンデル自身が、物理学を学んだ後、ユング研究所で分析心理学を学び、身体の体験、特に身体症状が夢に反映されるという点に魅了され、独自の研究を始めたことからに所以されていると思うのですが


Dance(ダンス)です。


とても前衛的かつ普遍的なダンスです。
風に木が揺れるように
その場の感じで自由に身体を動かす
ナチュラルなダンスです。


まるで
地球が自分を動かし
周りの空間が「私たちを夢見ている様に」
もしくは
自分が地球や自然の一部として動く(様な)ダンスです。


それは


私たちの手や身体が動くと同時に
実は、その分だけ世界も動いているという
物理学的・タオ(Tao;道)的な体験です。


私の課題を
グループで取り上げてもらった体験でも
この Dance から多くのメッセージを
私自身だけでなく
グループの人たちも感じていた様でした。


私が取り上げたワールドワーク(世界的な葛藤問題)は
戦争や貧困、虐待、経済的な理由などが要因で
両親を失った子どもたちの成長をサポートする課題です。


日本でも
児童養護施設で育った子どもたちは
基本的に18歳になると施設を出て
独立する必要があります。
その独立には、様々な困難が伴います。

日本だけでなく、世界でも
両親を失った子どもたちは
両親を失う体験から生き延びるだけでなく

その後の

教育・独立・恋愛・就職・人生などで
多くの困難に遭遇します。


その過程で
お酒、ギャンブル、麻薬、宗教、売春、依存、暴力、テロ、戦争など
過酷な体験を経ることもあります。


もちろん
両親のいない子どものすべてが
その様な体験をするわけではありません。
両親が揃っていていても
様々な問題が起こります。


そして
親が傍にいようがいまいが
どんな体験をしようがしまいが
自らの手で、自らの人生をつかむ人も多くいます。


しかし

両親が傍にいない体験の中で
人に対する不信、自分に対する不信が強く根付いてしまうと
例え、普通の生活をしていても
社会や人間関係が生きづらいものになるリスクは高まります。


この問題に対して
私が出来ること、私たちが出来ることは何なのでしょうか?


それを、ワークで取り扱いました。
その一部をあげると


ワークでは対局に存在する「両親がいないと感じている子(u)」と「抽象的で一般的な社会全体(x)」との対話から始まり、最後には、「エッセンス・レベル」でのダンスの中で、すべてが同じ輪の中にいました。


「孤独」で「壁」があった互いの存在が
同じ人間として「そこにある」ことを実感しました。


この体験のまとめの最後に
ミンデル(アーニー)の言葉を・・・


「一つの平和や解決法は続かない。
しかし、私たちは、人や何らかの関わりの中から、
平和や解決について学び続けることは出来る。」


この機会に、出会いに感謝します。


【ご注意】この記述は、すべて個人的な意見と解釈に基づいております。プロセスワークについて詳しくお知りになりたい方は下記サイトをご参照下さい。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【HCJからのご案内】

7月9日 1DAY リプロセス・リトリートワークショップ
7月10日 1 DAY はじめてのゲシュタルト療法ワークショップ


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Heartful Counseling Joy
http://www.therapy-hcj.com/


0